城下町として栄えた港町七尾。大正4年、この町に和菓子屋を創業した初代常五郎は、「一に材料、二に技術、三に作る人の心」を座右の銘に菓子作りに取り組みました。

 伝統の味、代々の教えを紡いで、歴史ある和菓子屋だから出来ること、100年、200年先も求め続けられたい、そんな想いで日々、御菓子作りと向き合っています。

 当店の一番人気は「黒糖まんじゅう」。そして、古くから伝わる献上菓子として能登・七尾で親しまれている「大豆あめ」です。

 

 ほかには婚礼・法事などの御菓子、茶会用の上生菓子・干菓子などもお作りしております。

 

 中庭を眺めながら、お茶と和菓子を楽しむこともできます。ぜひお立ち寄りください。

 

能登・七尾 御菓子司 梅屋常五郎
能登・七尾 御菓子司 梅屋常五郎

梅屋常五郎(本店)

〒926-0042

石川県七尾市作事町1番地

TEL: 0767-53-0787

※お電話でのお問い合わせは

 下記の時間帯にお願いします。

 9:00~19:00 (元旦のみ休み)

 



2019.04.30 長まし・えがら

2019.04.10 柏餅・ちまき

2019.03.05 桜大福

2019.03.02 能登食祭市場-お茶会-

2019.02.12 桜餅

2019.02.05 よもぎ饅頭

2019.02.01 金華糖 

2019.01.31 食祭楽市-節分祭- 


和菓子に人生を賭けた男

梅屋常五郎物語



梅屋常五郎の御菓子が、さとふる納税の返礼品となりました。